レーシックの基本知識

レーシック(LASIK:Laser in Situ Keratomileusis)とは、眼球の前面を覆う透明な膜(角膜)の屈折矯正手術の事で、目の表面の角膜に希ガスやハロゲンなどの混合ガスを用いたレーザー光線(エキシマレーザー)を照射して角膜の曲率(曲線や曲面の曲がり具合を表す量のこと)を変えることにより視力を矯正する手術の事です。

マイクロケラトームとよばれるカンナのような機械で角膜の表面を薄く削りフラップ(ふた状のもの)を作り、めくる。そこにエキシマレーザーを照射し、角膜の一部を蒸散する。その後フラップを元の位置に戻し、フラップが自然に接着するまで(約2~3分)待つ。角膜中央部が薄くなるため、角膜の曲率が下がり(凹レンズを用いたのと同じ効果)、近視が矯正される。また、検眼のデータをもとにレーザー照射を調節することで乱視も矯正可能である。マイクロケラトームの代わりにレーザー(イントラレーザー)によってフラップを形成する術式もあります。